取得した株主優待の画像や投資実績、オークションでの売却履歴などを更新していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の米国ゼロクーポン債(トレジャリーゼロ)の続きですが、税制改正があり2016年(平成28年)以降は満期(償還)時の差益、中途売却時の売却益のいずれもが、株式の譲渡と同様の申告分離課税の対象とされ、利益の20%(国15、地方5)が課税の対象になりました(リンク先の9P以降→国税庁HP「平成25年分所得税改正のあらまし」)。

超長期投資で年金の足しにと考えており、総合譲渡の50万円控除を利用すれば無税になると目論んでいたのですが・・・
現在保有している分については、2015年までに利益確定し50万控除の枠を活用する方針です(なお、商品自体は大変魅力がありますので当然再投資します)。

参考になりましたらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
大変 わかりやすく詳しい返答 ありがとうございます
ノートに 書き写し しっかり理解いたしました
税制もしっかり お勉強されているのですね
素晴らしいと思いますし 見習いたいと思います

こちらのブログには とても有益な情報があるのですね
ふるさと納税のことも 自分で調べたかぎりでは
埼玉県幸手市 の納税1万円で13.5キロが最高だと思っていました
お気に入りに 登録して 毎日読ませていただきます

この度は本当にありがとうございました
2013/09/17(火) 09:13 | URL | ろっこ #-[ 編集]
現在の税制では米国債(割引債)の売却は総合課税の譲渡所得になります。
総合課税の譲渡所得には50万円の特別控除があり、差し引いた金額が所得金額となります(長期(5年以上)の場合はさらに1/2後)
ご質問の場合、所得金額は0になりますから申告は必要ありませんし、被扶養者のままでいられます。

ご注意いただきたいのは、分離課税の特別控除(不動産の売却)や上場株式の売却時に損失の繰り越し控除を行った場合の所得金額は、特別控除前、繰り越し控除前で扶養の判定が行われますのでその金額が38万を超えた場合その年は扶養から外れることになります

> 初めまして。
>
> 米国債 税金で検索して こちらにたどりつきました。
> 自分で色々調べたのですが わからないことがあります。
>
> 専業主婦で 米国債を償還前に売却したとします。
> その 利益が例えば40万円だった場合
> 譲渡課税所得の控除枠50万円以下なので 所得ゼロとなるのでしょうか?
> あるいは 専業主婦の38万円以上の所得は 申告となるのでしょうか?
> お手すきのときに お分かりになる範囲で ご教示いただければ幸いです。
2013/09/14(土) 11:23 | URL | みや #-[ 編集]
初めまして。

米国債 税金で検索して こちらにたどりつきました。
自分で色々調べたのですが わからないことがあります。

専業主婦で 米国債を償還前に売却したとします。
その 利益が例えば40万円だった場合
譲渡課税所得の控除枠50万円以下なので 所得ゼロとなるのでしょうか?
あるいは 専業主婦の38万円以上の所得は 申告となるのでしょうか?
お手すきのときに お分かりになる範囲で ご教示いただければ幸いです。
2013/09/12(木) 11:37 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyanokabu.blog.fc2.com/tb.php/117-0004f4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。