FC2ブログ
取得した株主優待の画像や投資実績、オークションでの売却履歴などを更新していきます。
証券口座を開設する際、特定口座などを選択する必要があります。今回はそれぞれの口座のメリ・デメについて説明したいと思います(長文になります)。

まず、前段として株取引を行う場合、1/1~12/31の売買(約定日ベースではなく引き渡しベースになります)に対して所得税の確定申告が必要になります。

★特定口座(源泉徴収あり口座)
証券会社が1年間の売買を自動で計算し、1/1からの損益の累計額が黒字になった取引のつど、利益の額に対し10%(所得税7%地方税3%)の源泉徴収が行われます(2013年からは復興所得税が加算されるため10.147%、2014年からは軽減税率がなくなる予定なので20.315%)。また、保有株式の配当金を口座内に受け入れることができます(配当金の受取方法は後日紹介します)。
【メリット】
・累計の利益に対し税金が天引きされる(損失の場合は当然天引きされません)ので、面倒な確定申告の必要がありません(自営業の方などもともと確定申告が必要な方も株取引についての部分を申告する必要はありません)。
・配当金を特定口座に受け入れている場合は自動的に株式の譲渡(売買)と配当を損益通算(譲渡損失と相殺すること)してくれますので配当金にかかる源泉徴収税額(上記の売買に対する率と同様)が特定口座内で還付されます。
【デメリット】
・再投資リスク(源泉徴収された分新たな買付ができないためその分投資効率が落ちます。)が発生します。複利の効果が落ちるという言い方もあると思います。

★特定口座(簡易口座(源泉徴収なし口座))
源泉徴収口座同様、口座内の損益を自動計算してくれますが、源泉徴収はしません。また、当然配当金の損益通算もできません。メリ・デメは源泉徴収口座との裏返しになります。
【メリット】
・売買益の全額を再投資に回せます。
【デメリット】
・面倒な確定申告をしなければなりません(たとえばサラリーマンが医療費控除などで確定申告する場合に株の売買にかかる部分についても合わせて申告が必要になります)。

★一般口座
損益の自動計算をしてくれません。特定口座が導入される以前(平成15年ぐらい?)のものでこれから口座開設する方が選ぶ必要性はありません。相続などで取得したものなどが自動的にここに行くのかもしれません。

【参考(株関係での確定申告)】

(申告が必要な場合(源泉徴収口座の方は除く))
・もともと申告が必要な方(自営業の方、2,000万超の給与収入の方など)
・株の収入しかない方で利益の額が所得控除の合計額(健康保険や扶養家族の控除などさまざまありますが、最低でも基礎控除38万円)を上回る方⇒計算すると納める税金がある方
・給与1か所のサラリーマン(年末調整済み)で株関係の利益が20万を超える方(上場株の配当は判定に含めなくても良い)や扶養家族の株の利益が38万を超えた方(扶養から外れるため)
・公的年金のみの収入が400万以下で株関係の利益が20万を超える方(上場株の配当は判定に含めなくても良い)

(申告ができる場合)
・株式の譲渡損失の繰越控除(赤字発生の年から翌3年間黒字の額と相殺できる制度)を適用する方(源泉徴収口座の方も同制度を利用する場合は申告が必要)
・利益が出ている源泉徴収口座と赤字が出ている特定口座(源泉あり・なしどちらでも)を相殺して源泉徴収の還付を受けたい方

(申告しなくてよい場合)
・株関係の収入しかない方のうち、株の利益が所得金額の合計を下回る方
・給与1か所のサラリーマン(年末調整済み)で株の利益が20万以下の方

(その他の事項)
・扶養家族は利益が38万を超えると外れる(源泉徴収口座は含めなくてよいが、繰越控除差引前で判定)
・上場株式の配当や源泉徴収口座の内容は申告の要否や扶養の判定においては計算に含めなくても良い
・確定申告を行う場合(医療費や住宅ローン控除)は少額の株の利益も申告が必要(源泉徴収口座は除く)

【注意】
分かりやすく書いたつもりですが、間違いや勘違いがあるかもしれません。内容については責任を負えませんので、詳細については税務署や税理士にお問い合わせください。
また、書きぶりに誤りがあった場合訂正しますのでご連絡お願いします。

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ご覧いただきありがとうございます。
役立つ情報を掲載して行こうと思いますので今後とも
宜しいお願いいたします。
2012/10/15(月) 17:57 | URL | みや #-[ 編集]
こんにちは~

世界188か国、総勢2万人もの人が参加する年次総会。
エジプトが辞退したため、日本が開催を準備した経緯がありましたが
中国は不参加減速する世界経済にどう対応していくのか。IMF加盟各国は、
新興国の台頭など現実に向き合う必要性に迫られているようです・・・

ブログの方をリニューアルいたしましたので、
挨拶に伺わせていただきました~♪
遊びにきてくださいね~
みんなで盛り上がりましょうo(^▽^)o
2012/10/15(月) 08:42 | URL | 投資マニア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyanokabu.blog.fc2.com/tb.php/17-3fbd5e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック