FC2ブログ
取得した株主優待の画像や投資実績、オークションでの売却履歴などを更新していきます。
25日の月曜は2月銘柄の権利日ですね。相場環境が良いので今年は売買益が出ています。みやは特定口座の源泉口座ですので利益に対し源泉徴収され課税関係は終了になります。ただ、みやの配偶者は特定口座の簡易口座を利用してますので売買益が38万を超えると扶養から外れ、税金面のほか会社の扶養手当も貰えなくなるなど何かと面倒なことになります。

そこで売買益を調整する必要があります。
①信用の貸借取引が出来る銘柄でなるべく株価が低い銘柄を探します(みやはフリージアマクロスをよく使います)。
②資金の余力を考え現物買いと信用売りを成りで取引します。
③翌日現渡しをすることで取引手数料分の負担で取引した株数だけ売却損が出ます。

これは、税金の計算方法では総平均法で取得価格を算出することになっていることを利用したもので、現物の取得価格は購入時の取引手数料を含んだ金額を購入株数で割り返して1株当たりの価格を算出するため、20円の株を100,000株購入すると1株の価格は税金の計算上円未満の金額は切り上げになり21円になります。20円で信用売を行っているため、計算上は1株当たり1円の損が出ます(実際は取引手数料だけの負担で済みます)。

④なお、取引手数料もなるべく安く抑えるため、GMOクリック証券で信用買で購入(手数料100円)し現引きしたものを信用売(手数料100円)と現渡することにより200円+信用金利の経費で済みます。

注意点としては現物の買いが必要、信用現引を利用する際は手数料無料のキャンペーンの扱いを確認する、ストップ取引にならない銘柄を選ぶ、連続で取引すると相場操縦の疑いがかけられるなどがあります。

参考になりましたらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
2月はイオングループ株の株主優待権利月です。夢ふらぺさんのイオン株主優待ブログを拝見していたら、みやもイオンの株主優待を活用してトップバリュー商品をお得にお買い物したいと思い、グループ関連株を仕込みました。

まず、①10%割引になる株主優待券ですが、みやの購入時には最もコストパフォーマンスの良かったイオン北海道を家族全員で4名義仕込みました。マックスバリュー東北は現在の株価ではコストパフォーマンスが最も良いですが、みやは権利落ち後の下落時に次回のため仕込むつもりです。
次に、②オーナーズカード(3%キャッシュバック)を取得するため、イオンを購入しました。
また、③イオンギフトカードをもらうためイオンディライト(2,000円分)、イオンモール(3,000円分)をクロス取引のタダ取りを行いお買い物代金に充てたいと思います。
最後に、④イオンクレジットカードをネット経由で申し込み、20,000円分カードを利用すると合計5,000WAONをもらえるキャンペーンがあったためカードを作りこれもお買い物代金に充てたいと思います。

これで5月に優待が届いたら、20日・30日のイオンお客様感謝デーには18%引きでイオンギフトカードと特典で貰ったWAONを利用してお買い物できる予定です。



参考になりましたらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待券をオークションを活用して現金化されている方に伺いますが、商品発送時の差出人住所の記載面倒ではありませんか?
みやは住所スタンプを作って発送の手間を軽減しています。
ちょっとしたことではありますがおすすめです。ご興味がある方は以下のサイトを覗いてみてください。

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
今回は、みやが先日開設した(詳細は過去記事参照→お勧めの証券口座 、 株主優待が使える証券口座)GMOクリック証券のおすすめ利用方法を解説します。

内容は、例えば50万円の資金で100万円分の銘柄を保有し、優待を取得する方法です。信用取引口座の開設が前提ですが、方法は次の通りです。

分かりやすく実際の銘柄で説明しますが、3月・9月権利銘柄(レオパレス、コロワイド、ルネサンス)50万円分を3月の権利確定後に現物売りと同時に制度信用買いを行います。そこで得た現金で6月・12月権利銘柄(GMOクラウド、GMOインターネット、GMOアドパートナーズ、PGMホールディングス)50万円分を現物買いします。
※GMO関係3銘柄を加えている理由は、株主優待でGMOクリック証券の取引手数料が年間30,000円キャッシュバックされるためです。

この取引を繰り返すことで50万円で100万円分の取引が出来ることになります。決済を行うごとに取得金額は変わりますが、現物の売却額と信用の取得金額が同額なため、実質的な取得金額は当初から変わらず保有し続けることが出来ます。

また、一般的な信用取引の可能額は、現物保有株の8割の評価額または現金(信用保証金)の3倍まで取引出来ますので3、6、9、12月以外の月の優待を取得することも可能です。

肝心なコストについては管理費のほか信用金利2.1%(他の証券会社より割安)がかかりますが、50万円に対しての金利は年間1万円程度で済みます。

この方法はGMOクリック証券の取引手数料キャッシュバック制度と信用金利の割安さを利用したものです。取引金額によっては追証発生などのリスクもあるため、信用取引の内容をよく理解のうえ十分な検討のもとに行っていただく必要がありますが、一考の価値があると思います。

詳細、口座開設はこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
みやの投資手法は、高利回り株主優待銘柄に投資して取得した優待をオークションで売却し、得た資金を再投資することにより複利効果での資金増を目標にしています。

まずは、リンク先様のサイトや以下の過去記事(高利回り優待銘柄リスト端株優待リスト)より検討し、優待を取得します。

出品時期を検討するに当たってはaucfanのサイト(以下のバナーをクリック)で無料の会員登録をすれば、過去の落札金額等を見ることが出来ますので効率良く金額が高い時期に出品することが出来ると思います。

基本的な事項として、①レジャー券や航空運賃割引券などは夏・冬休み時期、②飲食割引やカラオケ屋などの優待券は忘年会・歓送迎会、③家電量販店の優待券はボーナス時期、などが需要が高まりますのでその直前に出品するのがよろしいかと思います。

みやのブログでは月別に取得した銘柄の購入代金やコストやオークションに出品した株主優待を掲載していきますので、参考にしていただければ幸いです。



1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
証券会社の中には保有している株を貸し出して貸し株料をもらえるところがあります(過去記事はこちら)。
どうせなら少しでも収入になった方がと思いますが注意事項があります。
優待銘柄の場合は、権利確定日に貸し出していると優待がもらえないことです。

証券会社によっては権利確定日に自動的に貸し出さない設定にする株主優待自動取得の設定がありますが、優待銘柄を購入した際は貸し株の設定を確認する癖をつけた方が良いと思います。

先日、みやは子供名義のマネックスの貸し株設定を確認したところ、10月権利銘柄の東建コーポレーションが優待自動取得の設定になっておらず、2名義分の取得に失敗しました。幸いにも11月権利銘柄のサムティ、リベレステなど、ほかの優待銘柄の設定に早く気付いて被害は最小限に抑えることができました。

皆様もくれぐれもお気を付けください。

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
ブログを始めて間もなく1か月。小遣い稼ぎに利用できないかと思い、アフィリエイトサイトに登録してみました。

A8netは、いろいろなブログで初心者におすすめらしいので、また、バリューコマースはみやが利用している証券会社のアフィリエイトプログラムの対象だったので登録しました。

登録は意外と簡単でしたので、これからブログを始められる方は是非登録することをお勧めします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
今回は、みやの家族が使っている口座について記載したいと思います。

みや、配偶者、子供1、子供2の4名義で株の取引(それぞれの資金についてみやが運用を任されています)をしていますが、みやと配偶者は先日から記載のとおりGMOに乗り換え中です。

子供2人は未成年のため当然信用取引はできませんので、高利回り優待銘柄を現物長期保有中です。利用している証券口座は貸株料を受け取れるマネックス証券です(貸株についてはそのうち説明したいと思います)。

昨日、今日でGMOアドパートナーズ、GMOクラウドを2名義購入したのですが、タイミングが良かったらしく早速含み益になっております。

この2銘柄を購入した理由は、優待でそれぞれ半期に5,000円GMOクリック証券の手数料キャッシュバックがあるためで、今回、すでに保有しているGMOインターネットの優待を合わせると年間30,000円の手数料キャッシュバックが受け取れることになりました。

少々ざんねんだったのが、エコ住宅・消費税増税の駆け込み需要目的で信用買いしている桧家住宅の株が名古屋証券取引所のため買えないことです。

そうは言っても、これからは、手数料のコストを気にせず優待クロス取引ができるので有難いことです。

詳細、口座開設はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
証券会社の口座を開設し資金を入金したら次は株の購入です。
注文方法は証券会社によりいろいろありますが、基本的な注文方法として「指値(さしね)」と「成行(なりゆき)」があります。

指値注文はいくらになったら買う(売る)と価格を決めて注文する方法ですが、注文金額によっては買えなかったり、流動性(取引量)の低い銘柄の場合は約定(取引成立)まで時間がかかったりする場合があります。

成行注文は現在取引されている価格で買う(売る)方法で、取引はほぼ成立しますが、流動性の低い(売買量)銘柄では思わぬ高値で買ってしまったり、値幅制限一杯での注文となるため買付資金に十分余裕がないと注文できません(100円未満の株価の場合+30円、200円未満の株価の場合は+50円など金額により決まっています。詳しくはこちら
購入資金に余裕がない場合は、取引が成立するであろう価格で指値注文し、資金を節約すればいいかと思います。

証券会社によっては指値と成行で手数料の金額が違う場合もありますので注意が必要です。また、信用取引口座を開設している場合は現物と信用でも手数料が違う場合もあります。現物より信用での手数料が低い場合は信用で購入し、現引(信用で購入した株の代金を払い現物保有にすることでげんびきと読みます)すると手数料が節約できる小技を使えます。


1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
みやが投資関係で参考にさせていただいているサイトをリンクに掲載しました。
どのサイトも本当によくできており、本当にためになります。

これから投資を始められる方は覗いてみてはいかがでしょうか。

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
GMOインターネットの株主優待(過去記事参照)を利用するため口座開設を手続きしていた、GMOクリック証券より簡易書留で口座開設の案内が届きました。

早速ログインし、即時入金したうえで信用口座の開設を申し込みました。100万以上入金したので開設はできると思いますが・・・

メインの口座として考えていますので、信用口座が開設されたのちは、現在使っている証券会社で行っている信用取引を清算し、現物株式の移管処理を行わなければなりません(税金の関係で売却したくないので)ので結構手間がかかります。

GMOグループをあと2銘柄買い注文出しましたので、手数料の年間キャッシュバック額は30,000になり、優待取りのコストは大幅に下がる予定です。

詳細、口座開設はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
今回は、証券会社の口座開設後に登録する配当金の受取方法について解説したいと思います。

【株式数比例配分方式】
証券会社に保有している株数に応じた配当金をその証券会社の口座で受領する方法で、配当金を再投資するに当たり手間がかかりません。また、特定口座の源泉徴収口座に受け入れる配当金については別途届け出が必要ですが、特定口座において譲渡損が生じている場合損益通算を行ってくれるので、配当金にかかる源泉徴収税額が自動的に還付されます。

【登録配当金受領口座方式】
あらかじめ指定した1つの銀行口座ですべての銘柄の配当金を受領する方法で、楽天銀行のゴールドラッシュプログラム(過去記事参照)で利用する際に便利でしたが、2012年12月で終了とのことなので残念です。ただ、同行のハッピープログラムのポイント獲得には有効ですので、楽天銀行で振込やコンビニ入出金を行う方は価値があります。

【配当金受領方式の申し込みを行わない場合】
従来からあります発行会社から郵送される「配当金受領証」をゆうちょ銀行へ持参し現金を受け取る方法です。

【その他】
複数の証券会社を利用する場合には、直前に申し込んだ受領方法で上書き処理されるようです。


1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
証券口座を開設する際、特定口座などを選択する必要があります。今回はそれぞれの口座のメリ・デメについて説明したいと思います(長文になります)。

まず、前段として株取引を行う場合、1/1~12/31の売買(約定日ベースではなく引き渡しベースになります)に対して所得税の確定申告が必要になります。

★特定口座(源泉徴収あり口座)
証券会社が1年間の売買を自動で計算し、1/1からの損益の累計額が黒字になった取引のつど、利益の額に対し10%(所得税7%地方税3%)の源泉徴収が行われます(2013年からは復興所得税が加算されるため10.147%、2014年からは軽減税率がなくなる予定なので20.315%)。また、保有株式の配当金を口座内に受け入れることができます(配当金の受取方法は後日紹介します)。
【メリット】
・累計の利益に対し税金が天引きされる(損失の場合は当然天引きされません)ので、面倒な確定申告の必要がありません(自営業の方などもともと確定申告が必要な方も株取引についての部分を申告する必要はありません)。
・配当金を特定口座に受け入れている場合は自動的に株式の譲渡(売買)と配当を損益通算(譲渡損失と相殺すること)してくれますので配当金にかかる源泉徴収税額(上記の売買に対する率と同様)が特定口座内で還付されます。
【デメリット】
・再投資リスク(源泉徴収された分新たな買付ができないためその分投資効率が落ちます。)が発生します。複利の効果が落ちるという言い方もあると思います。

★特定口座(簡易口座(源泉徴収なし口座))
源泉徴収口座同様、口座内の損益を自動計算してくれますが、源泉徴収はしません。また、当然配当金の損益通算もできません。メリ・デメは源泉徴収口座との裏返しになります。
【メリット】
・売買益の全額を再投資に回せます。
【デメリット】
・面倒な確定申告をしなければなりません(たとえばサラリーマンが医療費控除などで確定申告する場合に株の売買にかかる部分についても合わせて申告が必要になります)。

★一般口座
損益の自動計算をしてくれません。特定口座が導入される以前(平成15年ぐらい?)のものでこれから口座開設する方が選ぶ必要性はありません。相続などで取得したものなどが自動的にここに行くのかもしれません。

【参考(株関係での確定申告)】

(申告が必要な場合(源泉徴収口座の方は除く))
・もともと申告が必要な方(自営業の方、2,000万超の給与収入の方など)
・株の収入しかない方で利益の額が所得控除の合計額(健康保険や扶養家族の控除などさまざまありますが、最低でも基礎控除38万円)を上回る方⇒計算すると納める税金がある方
・給与1か所のサラリーマン(年末調整済み)で株関係の利益が20万を超える方(上場株の配当は判定に含めなくても良い)や扶養家族の株の利益が38万を超えた方(扶養から外れるため)
・公的年金のみの収入が400万以下で株関係の利益が20万を超える方(上場株の配当は判定に含めなくても良い)

(申告ができる場合)
・株式の譲渡損失の繰越控除(赤字発生の年から翌3年間黒字の額と相殺できる制度)を適用する方(源泉徴収口座の方も同制度を利用する場合は申告が必要)
・利益が出ている源泉徴収口座と赤字が出ている特定口座(源泉あり・なしどちらでも)を相殺して源泉徴収の還付を受けたい方

(申告しなくてよい場合)
・株関係の収入しかない方のうち、株の利益が所得金額の合計を下回る方
・給与1か所のサラリーマン(年末調整済み)で株の利益が20万以下の方

(その他の事項)
・扶養家族は利益が38万を超えると外れる(源泉徴収口座は含めなくてよいが、繰越控除差引前で判定)
・上場株式の配当や源泉徴収口座の内容は申告の要否や扶養の判定においては計算に含めなくても良い
・確定申告を行う場合(医療費や住宅ローン控除)は少額の株の利益も申告が必要(源泉徴収口座は除く)

【注意】
分かりやすく書いたつもりですが、間違いや勘違いがあるかもしれません。内容については責任を負えませんので、詳細については税務署や税理士にお問い合わせください。
また、書きぶりに誤りがあった場合訂正しますのでご連絡お願いします。

1日1回クリックお願いします(更新作業の励みになります)。
↓      ↓    ↓     ↓   ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
株主優待 ブログランキングへ
証券口座の開設にあたっては、銀行口座の登録が必要になります。
どこの銀行を選ぶかによって使い勝手も変わってきます。

★ポイント1(即時入金サービスの有無)
これがないと、たとえば金曜15:00以降の入金の場合買付余力に反映されるのが、月曜の9:00以降になってしまいます。

★ポイント2(未成年口座の有無)
効率よく優待を取得するには、家族全員で各々取得することが有効です(たとえば1人の名義で500株買うよりも、5人の名義で100株ずつ買う方が優待は5倍もらえる場合が多いです)。
口座の開設自体はおおむね開設できると思いますが、ネット取引ができるかどうかまでは調べられませんでした(みやが使っている楽天はOKです)。

★ポイント3(口座間の資金移動にかかる手間)
在宅でできれば便利ですよね。

★ポイント4(口座間の資金移動にかかる手数料)
安い方がいいですよね。


みやが利用している証券会社について主な銀行との関係を調べてみました。
銀行のサービスには残高により変わる部分もありますが、誰でもクリア可能範囲のサービスで表にしてみました。
ネット銀行比較 

詳細、口座開設こちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ランキングもご覧いただければ幸いです。
↓      ↓    ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
[おすすめ銀行口座]の続きを読む
GMOインターネットの優待でGMOクリック証券の売買手数料キャッシュバックがあったので確認し、私が利用している3社と比較してみました。

(松井)
信用取引を利用し株主優待を取得(クロス取引)する際に、カラ売りが出来ない銘柄の売買や逆日歩が怖い銘柄の売買に有効な「一般(無期限)信用売り」が出来る証券会社です。
マクドナルド、PGMなどに大変便利です。

(SBI)
私が一番最初に口座開設した証券会社です。以前は単元未満株(端株)の売買手数料が激安でしたが、現在は利用していません。

(マネックス)
未成年口座の開設がこの中では一番最初にできたと記憶しています。また、貸株サービスも利用させていただきましたが、現在は株主優待タダ取りのため信用取引を行っているので、貸株は利用しておりません。
私はこの3社の中では、四季報情報の確認や、保有株の損益情報、売買履歴等が見やすく使い勝手も良かったです。

(GMO)
今回内容を確認したら、信用取引の手数料や信用経費が安くそのうえ株主優待(関連会社の優待も併用可)を利用すれば、売買手数料がかなり浮くではありませんか。
優待を取得するにあたって売買手数料がしめる割合はかなり高いですから利用価値がありそうです。

以下の表にまとめましたので、これから口座開設される方は参考にしていただければと思います。また、SBIかマネックスに口座開設を予定されている方は紹介プログラムを利用すれば3,000円獲得のチャンスがありますので、よろしければご紹介させてください(コメントに管理者のみ表示にチェックしお名前とメアド、証券会社名を登録いただければ、証券会社よりご案内が届くよう登録差し上げます)。

おすすめ証券会社比較

詳細、口座の開設はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




ランキングもご覧いただければ幸いです。
↓      ↓    ↓     ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ